アニメ

不機嫌なモノノケ庵 續/再放送/アニメ/2019年初回~

不機嫌なモノノケ庵 續/再放送/アニメ/2019年初回~

 

2019年1月13日22時からTOKYO MXで『不機嫌なモノノケ庵 續』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

不機嫌なモノノケ庵 續/再放送
 

不機嫌なモノノケ庵 續/再放送番組内容

 

 

不機嫌なモノノケ庵 續 キャスト

 

芦屋花繪
梶裕貴

安倍晴齋
前野智昭

ヤヒコ
大谷育江

コウラ
日笠陽子

シズク
橋本ちなみ

立法
諏訪部順一

司法
下野紘

行政
遊佐浩二

 

不機嫌なモノノケ庵 續/再放送ストーリー性

 
アニメの題名だけ聞くと、なんだか不気味な物語なのかなと思いましたが、明るい感じで安心しました。もののけ庵奉公人となる主人公とモノノ怪庵主がどのように関わり、物語が展開していくのか、楽しみです。もののけ庵主の、顔がキリリとしていて、声もイケメン風な声で魅力的だなと思いました。物語の中の癒し系キャラとして、モジャやヤヒコにも注目したいです。

どうやらヤヒコはイタヅラ好きのようなので、物語のよいアクセントになりそうだなと思います。声もとてもかわいくて好感が持てました。楽しいいたずらをいっぱいしてほしい気もします。

その他にも気になる登場人物が何人も登場します。中でもコウラという女の人は少し不気味な佇まいで、なんだか怪しげです。

藤原禅子という女の子も楽しみなキャラクターです。

全く始まってみないとどのように物語が展開されるのか予想がつかないので、早く観たいと思っています。実際に妖怪たちがいたら、大変ですが、アニメの世界なら妖怪もどんな感じなのか楽しみにできます。

劇中に流れる音楽も、躍動感溢れる感じで物語を盛り上げてくれそうだなと思いました。主人公がどのようにたくましく成長していくのかも見どころのひとつかなと思います。

 

まとめ

日本のアニメは他国のアニメと違い、キャラクターがリアルで人間を描いたアニメが多いところがすごく魅力的で、人間以外にもロボットや機械を主役としたリアルではなかなかない非日常をうまくストーリーに描いてあるところが好きです。

また日本のアニメはストーリーも面白いですが特に感心する部分としてグラフィックがすごくきれいなところコマが変わっても主体の顔つきや体などのバランスが変わらず描いている人に対してすごくプロフェッショナルを感じます。またそういったところが素晴らしいからと日本へ留学する外国人も多いため海外へのアピール材料としてコミュニティとしてなくてはならない存在へとなっていると思います。

声優さんも幅広くアニメーションの動きに対してセリフを上手く乗せキャラクターが本当に存在するかのように思わせることもすごいと思います。

昔よりもアニメの幅が広がり沢山のアニメが出てきているため将来の夢を持つ人が増え希望が多くなる社会になっていること。また東京の秋葉原みたいにアニメによって社会の景気がうまく回るようになっているためアニメに触れることで自分自身や社会全体に良き影響を与えられていることにアニメに出会えてよかったと思います。