バラエティ

すべらない話 2019/無料視聴/1月12日フジテレビ人志松本のすべらない話

人志松本のすべらない話すべらない話 2019/無料視聴/1月12日フジテレビ

 

2019年1月12日21時からフジテレビ系列で『人志松本のすべらない話【ゲストは全員初登場!】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

人志松本のすべらない話 2019/無料視聴
 

人志松本のすべらない話 2019/無料視聴/番組内容

 

 「人は誰も1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである」をコンセプトに、松本人志をはじめ、誰しもが認める実力派芸人たちが、見るものを引き込んでやまない“すべらない”トークを武器に、実力伯仲の真剣勝負を繰り広げる、芸人たちの“お笑い総合格闘技”『人志松本のすべらない話』。同番組は、2004年12月28日に深夜番組として始まり、今回は33回大会となる。 今回、松本、千原ジュニア、宮川大輔、小籔千豊の4名以外の出演者は、全て初登場という、番組始まって以来15年目の新境地を開拓。初参戦となるのは、稲田直樹(アインシュタイン)、小宮浩信(三四郎)、粗品(霜降り明星)、ノブ(千鳥)、濱家隆一(かまいたち)、平野ノラ、水田信二(和牛)の7名。さらに関東、関西、九州、3地区でのオーディションを勝ち上がった、後藤拓実(四千頭身)〈関東代表〉、大東翔生(ダブルヒガシ)〈関西代表〉、かごしま太郎〈九州代表〉の3名を加えた計14名が、それぞれの「すべらない話」を披露する。  話芸に秀でた猛者たちが集い、真剣勝負を繰り広げる“お笑い総合格闘技”『人志松本のすべらない話』をお見逃しなく!

 

人志松本のすべらない話 キャスト

 

松本人志  千原ジュニア  宮川大輔  小籔千豊  稲田直樹(アインシュタイン)  小宮浩信(三四郎)  粗品(霜降り明星)  ノブ(千鳥)  濱家隆一(かまいたち)  平野ノラ  水田信二(和牛)  大東翔生(ダブルヒガシ) 〈関西地区オーディション代表〉  かごしま太郎 〈九州地区オーディション代表〉  後藤拓実(四千頭身) 〈関東地区オーディション代表〉

 

すべらない話 2019/無料視聴ストーリー性

 

印象に残っていて、この人(松本人志さん)は本当に話が上手いんだなーと感心した話があります。

松本人志さんが、車のカーナビを使って、目的地まで行こうとした時の話です。

松本人志さんは、高速道路に乗るのではなく、一般道を使って目的地まで行こうとしていたそうです。

そのため、カーナビで目的地を入力して、一般道のルートで検索をして運転開始をしました。

ところが、ナビに従って走っていくと、高速道路の入り口にきてしまうそうです。

何度も自分でルートを変えても変えても、高速道路の入り口にきてしまう。

まるでカーナビが高速道路に無理やり乗せようとしているみたいに。

松本人志さんは、高速道路を使っていくようなところじゃないからと、しばらく長いこと諦めずに頑張っていたそうです。

ところが、どうやっても何度やっても高速道路の入り口に導かれてしまうそうです。

松本人志さんは、グルグル回ることに嫌になってしまい、カーナビに対してイライラして【よっしゃわかった、乗ったる】といってカーナビの言う通り、高速道路に乗ったそうです。

しばらく車を走らせていると、高速道路の真ん中を走っている車のカーナビがこう言いました。

【目的地周辺です。】と。

 

まとめ

 

人気芸人の一人、松本人志さんがお贈りする人気バラエティトーク番組「人志松本のすべらない話」はその名の通りすべらない話が非常に多く、どのエピソードも傑作ぞろいのエピソードのため常時笑いが絶えない時間をお贈りする内容となっています。

番組内容は非常にシュールであり、プレイヤーとなるそれぞれ傑作エピソードを控えている芸人達が松本さんの振る各々の名前の書かれたダイスにより記された方が、実際に起きたエピソードを落ちをつけてほかのプレイヤーを笑わせ、メインとなる松本さんに承認されれば終わりというシンプルな内容となっていますが、このシンプルな内容だからこそ非常に面白いエピソードが多発しています。

松本さんをはじめ常連組の宮川さんや千原ジュニアさん、小藪さんなどはこの番組に出ている常連組と同じ吉本クリエイティブエージェンシー所属ということもあり、吉本ネタを筆頭に笑いを確実に抑えてきます。

33弾となる今宵では常連組に加え、霜降り明星の粗品さんや四千頭身の後藤さん、アインシュタイン稲田さんなど新規組もおり、従来とは違うエピソードで笑わせてくれるでしょう。

特に稲田さんは自身の表情を武器としているため、表情を使ったエピソードが期待でき。

後藤さんはトリオの中でも比較的引っ込み思案であり、おぼろげでありながらもこの大舞台でどのようなトークを持ってくるのか気になるところです。