バラエティ

今夜は謎トレ/pandora /最新話今日無料

今夜は謎トレ/pandora /最新話今日無料
2019年1月8日19時からフジテレビで『今夜はナゾトレ特別版 川柳SP【ペケポン川柳4年ぶり復活!】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今夜はナゾトレ 無料

 

今夜はナゾトレ/番組内容

 

 『ゲーム&クイズバラエティ ペケ×ポン』(2009年4月~2015年3月放送)内で好評を博していた人気企画「ペケ×ポン川柳」、そして“川柳四天王”が4年ぶりに復活します!“五・七・五”の下の句を当てるというこちらの企画で、当時最強を誇っていたのが有田哲平、タカ、トシ、そして柳原可奈子からなる“川柳四天王”(「ペケ×ポン川柳」当時のチームとしての戦績は、全81戦中、68勝13敗)。今回その四天王が、おなじみの衣装で完全復活!さらに“句”を読み上げるのも、当時と同じく平泉成が担当します!  そして今回“四天王”を迎え撃つのは、豪華芸能人チーム3組!まず第1戦目は「華麗なる一族チーム」(長嶋一茂、花田優一、ミッツ・マングローブ、吉村崇)。  続いて第2戦目は「イケメン・美女チーム」(名取裕子、中川大志、やくみつる、竹俣紅)。やくは、今回初挑戦となる名取、中川、竹俣の3人を引っ張って行くことができるのか!?  そして最後は「打倒四天王チーム」(石坂浩二、滝沢カレン、増田貴久〈NEWS〉、宇治原史規)。川柳出演経験のある男性3人が、初挑戦の滝沢をいかにしてフォローするかが勝負のポイントに!?  なお負けたチームには、こちらも懐かしの「シシオドシ」が用意されています。

 

今夜はナゾトレ キャスト

 

進行
上田晋也  宮司愛海(フジテレビアナウンサー)

レギュラー出演者
有田哲平  タカアンドトシ  柳原可奈子

ゲスト
〈第1戦〉 長嶋一茂  花田優一  ミッツ・マングローブ  吉村崇(平成ノブシコブシ)  〈第2戦〉 中川大志  名取裕子  竹俣紅  やくみつる  〈第3戦〉 石坂浩二  宇治原史規  滝沢カレン  増田貴久(NEWS)  (※それぞれ50音順)

ナレーション(川柳読み上げ)
平泉成

 

今夜は謎トレ/ストーリー性

 

ナソトレ=「謎解き」+「脳トレ」ということで脳が柔らかくなる?がキャッチフレーズのクイズ番組。

 

東大生のナゾトレ軍団(たくさんのナゾトレ関連本も出てますね)ほか天才クリエイターの作成する問題はかなりの高難易度で見ている間になんとなく頭がよくなったような気がすること請け合いです。

 

私は年齢不詳さんや有名人そっくりさんのようなゆるーいクイズも好きなのですが今回は小学生辞書ワード50音順穴埋めクイズのスペシャル。

 

小学生辞書と侮ることなかれ、大人でも難しいです。名取裕子&岡江久美子マダム軍団がクイズに挑む、ということでパネラーの面々を見てみるとおふたりの熟女のほかは叶美香さん、柴田理恵さん、久本雅美さん(あらー)そして本気の難問クイズならこの人宇治原史規さん(レギュラー出演陣を除けばひょっこり場違いな感じなところに入ってしまっている?)。

 

面白そうです(みなさん結構クイズお得意なんですよね、知性が感じられていいわー)。

 

この番組、レギュラーがくりぃむしちゅー、タカアンドトシ、柳原可奈子さんでまた好感度が高く、進行が落ち着いて見れるのもいいところ。豪華賞品の当たるデータ放送の参加も楽しく盛り上がります。

 

まとめ

違法動画にアクセスると懸念されるリスク

見る側からすれば「あるだろう」などの感覚で検索をかけ見る事が多い。現にそれで見つけ見てしまう人も少なくないだろう。

 

本来はならばレンタルなりソフトを買う、または今時ならば配信サイトで課金し、然るべき対価を払ったのちに楽しむべきものである。

 

ここ近年は各動画サイトが台頭し、違法動画というものも初期からの問題の一つである。見逃してしまったり録画し損ねたテレビ番組すらも、数時間から翌日には見られてしまう。ソフト化されたビデオやCDまでも”動画”としてアップされ続ける時代だ。そして運営とのイタチゴッコを繰り広げる。

 

制作者や著作権者(公式)からすれば今の時代はたまったものではないだろう。

 

最近になって公式の方でも防護柵としてか動画をアップするようにもなった。しかし大半はプレビュー版でありソフトの宣伝も兼ねている。

 

古いコンテンツなどは完全版の場合も希にある。

 

しかしこれでも不十分だ。

 

何故なら”タダで見られるから”これに尽きる。違法動画の中には画質や音質がヒドイものも多い、削除されないためにあえてそうしている場合もある。

 

対価を支払えば、適正な画質・音質で”正規”に楽しめるにも拘らずだ。

 

このままではコアなファンくらいしか、ソフトを買わなくなってしまう。タダで見られればそれでいいのかと疑問に思う。