ドラマ

視庁捜査一課長スペシャル2019/見逃し配信/無料でダウンロード(dl)再生

視庁捜査一課長スペシャル2019/見逃し配信/無料でダウンロード(dl)再生

2019年1月6日21時からテレビ朝日で『警視庁・捜査一課長』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)
↓ ↓
警視庁・捜査一課長 動画配信

 

警視庁・捜査一課長/番組内容

 

“宝石だらけの遺体”が見つかり、捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が現場に向かうと、被害者は10年前に大岩が逮捕した強盗殺人犯だった。“警視庁一の記憶力の持ち主”といわれる捜査員・馬場呂亜(田中美佐子)も加え捜査を進めると、リノベーション会社社長・姫原千尋(萬田久子)が捜査線上に浮上。千尋は10年前の事件で目撃証言した後に自殺した及川隆三(小市慢太郎)の妻だった…。

 

警視庁・捜査一課長 キャスト

 

内藤剛志、田中美佐子、萬田久子、小市慢太郎、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子、金田明夫

 

再放送ストーリー性

首都東京で起きる凶悪犯罪捜査のすべての指揮を執る警視庁・捜査一課長を内藤剛志さんが演じるこのドラマも、過去の3シリーズと昨年のスペシャルと続いてきて定番のドラマとして定着した感があります。

今回の新春スペシャルでは、10年前に起きた強盗殺人犯が出所後宝石だらけの刺殺体として発見されます。

10年前の事件解決に関わった大岩一課長と今回のスペシャル版に登場する田中美佐子さん演じるIQ200の女性刑事が、今回の事件と10年前の事件の目撃者の妻との関連に着目します。

10年前の事件を目撃した夫を自殺で亡くした妻は、別人のように華やかな風貌へと変貌し、今回殺害された男性が、事件に会う直前にあっていたことが判明します。

今回も内藤さん演じる捜査一課長の、「被害者の無念を晴らすために、星をあげる」という号令により捜査会議から飛び出していく捜査員の姿とともにストーリーが展開し、容疑者を取り囲んでの謎解きと定番の展開とはいえ、最終的には勧善懲悪の結末が安心してみられます。

今回は、通常のシリーズでの斉藤由貴さん、安達祐実さんのポジションの女性刑事として、田中美佐子さんがあたることにも注目で、その設定にもIQ200という記憶能力に長けた女性刑事というものも、過去の事件との関連性を解く鍵となりそうです。

まとめ

東京発生で発生する凶悪犯罪の全てを指揮する立場で、叩き上げの捜査一課長の大谷純一が、難解な事件に挑むようで、彼の活躍が見どころで面白そうだと思います。

死因が背中にナイフを刺されたことによる出血死の遺体見つかるのですが、その遺体は10年前に大岩が逮捕した強盗殺人犯で宝石を体の様々な部分に身に付けていたですが、なぜ身に付けていたのか意味深なところだと思いました。

その身に付け様子は、ダイイングメッセージにもなってるようで益々気になります。

捜査に加わるのは、警視庁一の記憶力を誇る女刑事は、IQ200というのだから驚かされ、クール・ビューティーな彼女が大岩と共に複雑に絡み合う過去と現在の事件に挑むところも面白そうです。

彼女の活躍ぶりも見どころとなりそうで、期待できます。

そして捜査線上にリノベーション会社社長・姫原千尋という人物が浮上することで、思わぬ方向に展開してらしく見どころとなりそうです。

というのも、千尋は10年前の事件で目撃証言をしたあとに、自殺した及川隆三の妻だったというのですから、10年前の事件の何かを知っているとも思えました。

10年前の事件はまだ終わっていないのか、という疑問も生じてくるようで、10年前がキーポイントになるのだと感じました。